ゼファーχ

環境規制によってゼファー1100、ゼファー750が生産終了に
ならんとしている今、「ゼファーχ」として「Kawasaki Z」の
400の血筋が今も脈づいていることに喜ぶ「Kawasaki Z」
ファンは私だけではないはずだ。

ゼファーのスタイルを踏襲しつつ、よりスポーツライクな面を
強化し、事実上のゼファーの後継機種となったゼファーχ。

ゼファー400からゼファーχへの最大の変更点といえば2バルブから
4バルブヘッドになったことがある。
しかし数ある他のライバルからおくれをとった感が払拭できない
ゼファーχの動力性能。
ここは数値云々よりも「χ」という文字に込められている
「Kawasaki Z」の魂を見たいところ。

テールエンドを引き締めるシートカウル、ティアドロップ型のタンク、
「Kawasaki Z」の代名詞とも言えるスタイル。
Kawasaki空冷ならではの深いフィンを持つ並列4気筒エンジン。

「日本のネイキッド」として確立されたゼファー1100やゼファー750、
ゼファー400のスタイルを完全踏襲しつつ、高回転までしっかりついてくる
新Zエンジンと足まわりを一級品に組んだゼファーχ。

性能で負けてきたからといっても斬新にスポーツライクにするのでなく、
ゼファーはあくまでゼファーである、「Kawasaki Z」である、
というところに徹底的にこだわっっている。
それがゼファーχの良さであると思う。

ゼファー(ZEPHYR)仕様2

 カワサキゼファー1100


ゼファー400(ZEPHYR400)の火の玉仕様をけなした後に何なのだが、
ゼファー400「ブラックタイガー仕様」。
Z2でもZ2A、後期型のZ2を模したペインティングだが、
個人的主観ではかなりいけると思う。

Z2Aが750であっても直線のラインのせいか、遠目で少しスリム過ぎる
ように見えたので、ゼファー400でも違和感は(あまり)ないように思う。

が、なぜかゼファー750(ZEPHYR750)でこれを見かけたことは無かった。
ゼファー750であればやはり火の玉仕様なのだろうなあ。

ゼファー1100(ZEPHYR1100)の外装は……?
これをどうこうしている者を見かけた事がない。
ゼファー1100はゼファー1100としてそのまま乗っていた者が殆どだった。

なぜだろうか?

ゼファーに求めるものの結晶──数字じゃないバイクの良さ、「自然」
その旗艦がやはりゼファー1100なのだからと思う。
ゼファー400、ゼファー750はあれこれいじりたくなるような楽しさがある。
しかしゼファー1100はあれこれ手を加える気にはならない。
やはりZの中でもイレブンは別格なのだ。

ゼファー1100はゼファー1100。
最大のイレブンに乗る事自体の自然な楽しさを追求する
それがゼファー1100(ZEPHYR1100)。

ゼファー400、ゼファー750はあれこれ手を加えたくなる。
ゼファー1100はそのままでいさせたくなる。
こういう違いもやはりZの系譜、ゼファー(ZEPHYR)の醍醐味だろう。

ゼファー(ZEPHYR)仕様1


 カワサキゼファー400


ゼファー(ZEPHYR)の外装については定番なのを前に書いたが、
余りに有名なゼファー「Z750RS」通称Z2(ゼッツー)仕様・火の玉
仕様についてもう少し書きたいところ。

火の玉仕様は是非ゼファー750(ZEPHYR750)でやりたい。
「現代風火の玉」のゼファーのタンクだからとってもやりやすい。

ではゼファー400(ZEPHYR400)ではどうなのか。
ゼファー400での火の玉仕様は、私見では余りに安っぽい。
いくらゼファーが空冷Zの純正最後の系譜だとしても、ゼファー400では
余りに軽く、逆に「Z750RS」が持つステイタスとかけ離れる。

まずはゼファー400(ZEPHYR400)「FX仕様」。
400Zの中では伝説(?)のZ400FX。
(Z1000MK2の……という言は置いておこう)
ゼファーのタンクとフェンダーとサイドカバー(とシート)変えれば
一見できあがり、という安直さ。
しかしながらそれでも直管風ブラックマフラー(やっぱりモリワキですな)を
入れればゼファーではなくZの雰囲気満載。
これはまずは一番思い付くところだろう。

さらにはゼファー400で「MK2仕様」まで見かけたこともあった。
FXの原型であるZ1000(750)MK2のタンクを模したものだが、
はっきり言ってやり過ぎでは?

ゼファー(ZEPHYR)カスタム・続2

 カワサキゼファー1100


ゼファー(ZEPHYR)カスタムを懐かしむモードでの続編。
今回は前置きなしで。

メーター。
ゼファー400(ZEPHYR400)のC1は異径の2眼だったが、これを
ゼファー1100(ZEPHYR1100)、ゼファー750(ZEPHYR750)のように
メッキ同径砲弾型にするのがゼファー1100、ゼファー750発表当時流行った。
しかしC3からは砲弾に変わったので、ゼファー400のC1・C2ユーザーは
ちと不満だったようだ……。

ブレーキホース。
ゼファーの黒にメッシュホース、コーティングされたアルミパーツが
ワンポイントでおしゃれだった。

オイルクーラー。
アールズが超定番だった。ホースがエンジンの横に回ってくるのが異常にカッコいい。

変わったところではビキニカウル。
Z1000Rのようなカウルはさすがに無かった(あれはゼファーのタンクには
似合わない)が、セミビキニとも言う、ライトの上に小さな風防を装着していた
奴もままいたなあ。

エンジンカバー、サイドカバー。
ゼファー400はともかく、ゼファー1100は転倒のことも考えて
エンジンカバーを付けた奴が殆どだった。
サイドカバーはメッシュのがめちゃくちゃ流行った。
こういうワンポイントが何故か映えるのもゼファー(ZEPHYR)。
あと、ゼファー(ZEPHYR)のエンブレムは、あれだけは今風だったから外して
「KAWASAKI」に変えてたな。

不思議だったのはキャブを入れている奴を余り見かけなかったこと(他はどうなのか知らないけど……)。
普通CRキャブとか入れるんだけど……
エンジンはやはり素のまま乗りたい、ということだろう。
最強最速ではない魅力を追求するのもゼファー(ZEPHYR)の改造なんだろう。

ゼファー(ZEPHYR)が絶版になった今でもカスタムパーツは後を絶たない。
ゼファー1100、ゼファー750、ゼファー400と、排気量別にあっても
それぞれにここまでカスタムパーツが出たのも珍しいのではないのだろうか。
そこにもゼファー(ZEPHYR)の受け入れ幅の大きさの一つを感じさせる。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集